スポンサード リンク

看護師のレベルアップは現場に必要な力です

少子高齢化、医療技術の高度化、チーム医療が推し進められる中、医療現場の看護師さんに求められる技術は年々高まっています。
医療技術が高度になってきたことにより、2010年には、看護師国家試験の受験資格に「看護系4年制大学を卒業した者」という項目が追加されました。
また、各医療機関においても勉強会や資格取得のための講習会などを開催したり、院外研修に出席するための日程調整がしやすい環境になってきました。
研修や大学院への通学する日を出勤扱いにして、看護師が新しい資格や技術を習得することをサポートしようとする動きもあります。

 

資格を取得することは、資格取得を目指す本人だけだけでなく、その看護師の周りにいる看護師の指導にも役立つと考えられており、院内のレベルアップにも効果が期待できます。

 

資格を取得することで知識を増やし、自信を持って看護に取り組めるようになりたい!そんな看護師さんに役立つ資格を調べてみました。

 

医療現場で役立つ資格はさまざまですが、まずは「取得しやすい資格」からチャレンジしてみましょう。
特に必要な受験資格がない資格で、1日だけ講習を受け、当日に行われる実技・筆記試験に合格すればOKな資格もあります。

 

また、年数回試験が行われている資格を狙えば、入職して間もない看護師さんでも受けやすいのではないでしょか。

 

また、看護師としてキャリアを積んでこられたベテラン看護師さんなら、やりたい看護の分野が見えているはずです。
これまでの経験と専門的な知識を生かして、技術がさらに深められる資格を選びましょう。
専門分野に特化した資格の場合、「臨床経験5年以上」といった受験資格が必要なものが多くなります。中堅以上の看護師さんでなければ試験を受けることもできません。
しかし、専門的な資格になると、学会が認定しているものが多く、知識取得の証明になります。また3〜5年ごとに更新が必要な資格が多いので、その都度、レベルアップや最新技術の習得ができます。

スポンサード リンク